blogram投票ボタン

2011年09月18日

ユダヤ人大富豪の教えT、U

先日の旅行にいく時に、飛行機の中で読める本を探していたら、この本をコンビニの本棚で見つけました。運命でしょうか…。

お金の専門家である本田健さんが、若い時に出会ったユダヤ人大富豪とのお金のレッスンを

多少の脚色を加えて書いています。


今日は『スイス人銀行家の教え』を改題したUの方を読み終えました。

前回の方もとてもためになる話でしたが、今回の方もわかりやすくイメージしやすいものでした。


例えば…

「普通の人が幸せにも豊かにもなれない5つの理由」という章では、

@今までの人生で真剣にお金について考えたことがない。

A今までお金について教わったことがない。

B幸せに豊かになるために必要な知識と習慣がない。

C自分が幸せな金持ちになれると信じていない。

D適当な先生、コーチ、友人がいない。


とあって、全く本当にそのとおり!日本人で上記のことをやっている人ってどのくらいいるんだろう。

お金は不浄のものっていう観念があるから、「金儲け」って言葉なんて、

いやらしい意味合いだよね。

守銭奴、とかさ。


でもお金にきちんと向きあって、過去の自分がお金についてどう思わされるようになったかを意識できるようになると

お金に対しての考え方や使い方が変わるんだそうです。



自分が幸せな金持ちになれると信じていないということは、「自分にもできる」と信じる力を持ちなさいということだね。



自分が本当にお金持ちになれるのか!




「自分を動かすための5つのテクニック」が必要になりますね。


@自分がこのまま行けばどうなるのか、ありありとイメージする。→嫌なイメージが出てきたら、鏡に写してそれを叩き割るイメージを持つ。

A自分のヒーローやヒロインを想像する。→どうやって人生を変えていくのかイメージする。

Bなりたい自分をイメージする。そしてそのプラス面を感じ尽くす。

C変わるためにあらゆる方策を考える。

D今すぐできる行動リストを書きだす。→そのアイデアを組み合わせて行動リストを作る。できるだけすぐできること10個を選んで情熱的にこなしていく。


なんかこれならすぐできそう。


やってみようかな。


で、ビジネスの美学として…

@人を喜ばせること。

A多くの人を巻き込むこと。

Bお金の流れを生むこと。

C関わる全員がハッピーになれるような仕組みを作ること。

Dリピートができる可能性を持つこと。

E感動、感謝、癒しが起こること。

だそうです。

ビジネスはこれなしでは成り立たないそうです。

今成り立っているビジネスはこの条件をクリアしているってことですね。


私もそんなビジネス、ちょっと考え始めます。

ビジネスを始めたいと思っている人、必読の一冊です。
posted by やおこ at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月04日

『人生がときめく片づけの魔法』

片付けには全く自信がないので、過去いろいろな片づけ本を購入しました。

今回は前回の『断捨離』と同時期に見かけたような気がしていましたが、

最近またテレビに著者の近藤麻理恵さんが出たこともあって、30万部以上売れているそうです。

断捨離本は、いろいろあるのでたぶんもっと売れているのでしょうが、

今回は電車の広告に魅かれて、即本屋さんへ。

ときめき本もやっぱり平積みになっていたので即買いでした。



今までの片づけ本と違うのは、あれをどうしろこうしろというものではなく、

まず「捨てる」、次に「物の位置を決める」ということ。

で、捨てる基準、というか残す基準はそのものを実際手にとって「ときめくか」という事。

ときめかないものは、「捨てる」。

しかも家の中にある服なら服全部をすべて集めて一気にやる、って事で、

この一気にやるっていうところにすごく魅力を感じました。


ちょっと前に「私はいっせぇ〜の、で片付けしないとやれない」と旦那に公言したんだけど、

著者のこんまりさん曰く「片付けは祭りであって、毎日するものではない」。

大賛成です。この意見。

まだ高校生の頃実家の自分の部屋を片付ける時も、1日で部屋の配置などを変えてスッキリさせていたので、

私にはこのやり方があっているんだと思う。



旦那はまだ、私からの端々の意見で「それは違う」と思っているようだけど、

私のやり方が正しかったんだと思えるよう、この夏休みは片づけをがんばってみようと思う。

まずは私の服(靴やかばんも入る)。チビ達の服。本。書類。

私の物は、そんなもんだけど本が一番厄介だわね。


後は自分の物は自分のところに持って行ってもらうってことも徹底させなくちゃね。

いらないものはドンドン捨てるぞ〜!!


片付くと痩せる人もいるらしく、散らかり放題の部屋がどんなにストレスでやけ食いに走っているのかってことだわね。

私もこれも体重を減らすいいきっかけになるかしら…?
posted by やおこ at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

先日のつけ足し

この本は2009年に初版が出版されたんだけど、

知らなかったな。

今回、本屋さんに積んであったからなんだけど、何よりタイトルが私に向けられた言葉みたいだったから、

つい手に取っちゃったんだよね。

でもこの山田先生は20kg!

まだまだ私はがんばらないと…



てか、がんばらないっていうことも言ってる。

なにかして痩せるダイエットは、それをしなくなったらリバウンドしてしまうって事だから、

やっぱり山田先生のやせ方はいいんだよね。

DHCで痩せたって言ってた友近も、最近のテレビ見たら、なんかリバウンドしてるみたいだったし…。


今度私のやせ方も書きとめておいて、いずれ出版でもしよう!

でもそのためにはあと10s!

その後はリバウンドなし!でいないと。






posted by やおこ at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月18日

『先生、どうやってヤセたんですか?』

今朝、本屋さんで見かけて、即買いしてしまいました。

パラパラと中をちょっと見てみたら、

なんか私のダイエットでやっている方法に近い考え方だったので、

ついちゃんと読んでみたくなって…。


読んでみたら、ちょっと違うことはあったけどでも基本的にとっても良く似てた。

たとえば、○○してはいけないと思うと、余計○○したくなる、とか

できるだけ低カロりーのものをゆっくり味わいながら食べる、とか

空腹でたまらなくなったら低カロリーヌードルを活用する…など。

私もなるべくがまんをしないって思ってるし、

お店で商品のカロリー表示を気にして、お昼を選んだりしてるし、

春雨ヌードルはもう、私の心の味方。


先生は特に運動の事は言ってないので、食事だけを削って痩せていくためには、

まだ私の知らない技があるんだよね。

私もこの先生のやり方でまた更にテコ入れができるかもしれないし。


この先生も20kg痩せてリバウンドなし、っていうことなので、

私も続けていけばリバウンドなしでいけるかな。

私はまだ半分までしか行ってないから、あと10kg!

この山田先生の書いた本がバイブルになりそう。

もっと熟読しなくちゃ!


先生、どうやってヤセたんですか? (WAC BUNKO) [新書] / 山田 春木 (著); ワック (刊)
posted by やおこ at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月25日

『テルマエロマエ』

ヤマザキマリさんの『テルマエロマエ』ついにV巻出ましたね。


今回も絶好調!


よくまぁあんなにお風呂に関するストーリーが出てくるなぁと感心してしまいます。

平たい顔族(日本人)からアイディアをもらって、ローマ時代のお風呂文化を繁栄させていくルシウス。

今回は、平たい顔族の若いお風呂設計士?にローマ風呂はこういうものだ!と教えるルシウス。

しかし金ピカ成金趣味の浴槽をどうするかで、

また日本の金閣寺を手本にゴージャスなアイディアを思いついちゃって…。



阿部寛主演で映画化が決定したそうです。

笑わせてくれそうなので、見に行こうかな。

上戸彩は一体誰の役?やっぱりルシウスの奥さん役?


Wが早く出ないかなぁ〜。

テルマエ・ロマエ III (ビームコミックス) [コミック] / ヤマザキマリ (著); エンターブレイン (刊)
テルマエ・ロマエ III (ビームコミックス) [コミック] / ヤマザキマリ (著); エン...
posted by やおこ at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月22日

『朽ちていった命』〜被曝治療83日間の記録〜

1999年9月に起きた茨城県東海村での臨界事故については、ご記憶の方も多いと思います。

今回の原発問題でこのニュースの事も何度か聞いたかもしれません。


これは核燃料の加工作業中に大量の放射線を浴びた患者を救うべく、

医療スタッフが治療を続ける姿を追っていったNHK取材班のドキュメントです。

平成18年に初版が出版されたので、もう読まれた方もいらっしゃるかもしれません。


放射線を浴びた人間の体はどうなるのか。

治療をどう施しても生きながら死んでいく体を、少しでもこの世にとどめたい、

生きていてほしいという家族の思いを支えに治療を続けていく医師達。


読んでいて涙が出てきました。

患者の苦しさ、家族のつらさ、医者の苦悩が目の前に迫ってきます。



放射線は体の中の「命の設計図」と言われる染色体を砕け散らしてしまい、

その結果、細胞を再生できなくなり、体の中も外もボロボロになってしまいます。

体液は1日10Lも体から出ていってしまうのでそれを補うため、輸血や鎮痛剤、潰瘍治療薬や粘膜増殖剤など点滴をし、

それでも一向によくはなっていかないのです。


前例のない治療を続けていかなければならない医療スタッフの苦悩も、読んでいてつらいものがあります。


被曝した方は83日目に亡くなってしまいます。

そしてその方を検死した医師が体の状態を見てもっとも驚きを隠せなかったのは、

今まで見たことのないような臓器の変化や体中の粘膜の消失、

骨髄にあるはずの造血幹細胞もなくなっていた事でなく、

筋肉の細胞だったそうです。


ふつうは放射線の影響を受けにくいとされる筋肉細胞の繊維が失われ、

細胞膜しか残っていなかった状態の中、たった一つだけ筋肉細胞がきれいに残っていた臓器が、



心臓だった、ということです。



どうして心臓だけがしっかりとした筋肉を保っていたのか医師達も分からなかったようですが、

解剖した医師は、

「生き続けたい」というメッセージ、

「自分はなぜこうなってしまったのか、なぜ死んでいかなくちゃならないのかみんなに考えてほしいよ」

という声を聞いたような気がしたと言っていました。


新潮文庫より出版されています。





私たちは世界で唯一原爆を経験した国のものとして、

今回の原発での被害をいまだ食い止めることができていないということを直視し、

放射線の怖さ、恐ろしさを改めて世界に発信していかなければならないと思いました。





今回の事故でも放射能に汚染された水に足首まで浸かってしまった方は、今どんな状態なのでしょうか。

この本を読みながら、ずっと頭の中にありました。






















posted by やおこ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

『相性が悪い!』

元日本女子大学の教授だった島田裕己さんの本です。


あの部長とは上手くいくが、この課長とはダメ。息子が二人、でもかわいいのは下の子。

父親よりは母親と仲がいい…。人と人の間には、好き嫌いを超越した「相性」がある。それを決定するのは、

「兄弟姉妹」だった!(カバー紹介より)


日本にはいろいろな性格占いのような本がいっぱいあるけれど、

これは兄弟姉妹の生まれた順番で、その性質と人間関係の傾向を分析していて、

なかなかなるほど〜、と納得する。

我が家の場合はどうなのかな、とちょっと当てはめてみたりもするけど、

100%その通りではないから、島田先生のさらに詳しい研究が必要かなとは思うんだけど、

でも基本的な考えは、とっても興味が持てるものでした。



簡単に言うと、第1子はみんなをまとめるような頼られタイプ、末っ子は上に甘えるタイプ、

真ん中っこは両方を併せ持つタイプ。


だから、第1子と末っ子は、甘えさせる⇔甘えるタイプになるので、仲がよく上手くいく、

とか、

第1子同士、末っ子同士はシンパシーがあって仲がいい友達になれる、

とか、

真ん中っ子は上とも下とも付き合っているので、両方の性質を持っている、

とか…。


本当はもうちょっと複雑だから、奥が深いんだけど…。

「妹のいる兄」とか「兄のいる妹」とか言い方ももう少し複雑な人間関係の事も言っていて、

自分のケースも「ああ、そうだったのか…だからか…」

と、妙に納得するところも…。


私は末っ子だから、「甘えたい」タイプだったんだね。

そして旦那は真ん中っ子だから「オールラウンダー」。

私は旦那に甘えてもよかったのに、つい年下だからと甘えさせていたから、

なんか立場が変わってきちゃって、

向こうが甘えてくるとぶつかってケンカしちゃうのかもしれない。


私を甘やかしてくれるのは、

第1子、周りの面倒を見て甘えさせるタイプだから、うまくいくんだそう。

同じ甘えるタイプの末っ子とは、同じようなタイプで対立してしまうんだそう。

真ん中っ子とは、相手が甘えさせるタイプになればうまくいくけど、甘えるタイプになると対立ってことだね。


なんかこの見方、昔からあったような…。

でもここまで本格的に調べたものはなかったのかな、と思う。


これからの人間関係、見方がちょっと変わって行くかもしれないね。


さっそく明日、学生達に聞いてみようっと。











posted by やおこ at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月08日

この本、お勧め

あれ?

昨日書いたブログが消えてる…

昨日、めちゃくちゃ眠かったから結構書いたのに消しちゃったのかな…?

ショック…

お兄ちゃんがお勧めの本ない?というので、貸そうと思ってそろえた本だったんだけどな。



『心を整える』

これはサッカー日本代表のキャプテン、長谷部誠選手が書いた本で、

サッカーというところを柔道に読み替えても充分役に立つ、というより見習ってほしいな、と思う。

この本の印税は東日本震災の募金にすると書いてあって、いろんな人に買って読んでもらいたいですね。

サッカーをしている人だけじゃなくて、いろいろな「仕事」の人が読んでも参考になるんじゃないかな。

若いのに、とってもしっかりした考え方で、とっても好感のもてる本でした。



『やめないよ』

キングカズの本。これは前にもコメントを書いたかな?

キングカズがキングと言われるだけあるな、とわかる彼のエッセイ集。

これもサッカーというところを柔道に読みなおしてみると、けっこうキングになれるような気がする1冊です。



まだあるけど、また次回ということで。

また眠くて消してしまうとがっかりしちゃうので…




posted by やおこ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月24日

世界柔道2010観戦ガイド

アスペクトムックから出版されました。

『近代柔道』の別冊かと思ったら、

ちゃんとしたガイドブックでした。

一人ひとりの選手紹介があったけど、どこの国がエントリーしているのかはわからないので、

どんな選手が出てくるかは、予想の範囲でしかないですね。



無差別級も前日がエントリー最終日だからあと2名、誰が出るのかはまだ分からないし。


近柔の別冊よりも写真が目新しかったので、まぁ、写真集っていう気持ちで見ればよいのではないかしら?


大会当日は各国の選手のデータとか紹介とかの公式ガイドブックは発売されるのかしら…?



世界柔道東京2010観戦ガイド (アスペクトムック)

世界柔道東京2010観戦ガイド (アスペクトムック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: アスペクト
  • 発売日: 2010/08/21
  • メディア: 大型本




posted by やおこ at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

聖☆おにいさん(5)

やっとでた〜!

待ちに待った聖☆おにいさん!

今日すでに3回読みました。


いいね〜。今回も。

表紙がやけにきれいなパープルで、おしゃれ♪


アナンダーが巻頭カラーで、やけにイケメンです。

大家さんの松田さんは今回はあんまり出てこなかったけど、

弟子たちがいっぱい出てきた。


イエスとブッダの東京タワー見物も楽しかったね。


すっかり中村光ワールドにはまっちゃってるこの頃です。

やっぱりブッダとイエスだな。

読んだことのない方は、ぜひ1巻からがおすすめ!

下記は最新刊♪



聖☆おにいさん(5) (モーニングKC)

聖☆おにいさん(5) (モーニングKC)

  • 作者: 中村 光
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/05/24
  • メディア: コミック



posted by やおこ at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

荒川アンダー ザ ブリッジ

『聖☆お兄さん』の5巻がなかなか出ないなぁと思っていたところ、

実はこっちの方が長く連載していた中村光漫画を発見してしまった。

ためしに1巻買ってみたら、わけのわからない中村ワールドに連れて行かれて、

チビチビはずっぽりとはまってしまった…


それから、毎日一冊二冊と買い集め、

とうとう今日10巻揃えてしまったよ。

もちろん、『中村公房』っていうごく初期のマンガも入手。

私、こんなに好きだったかしら…?

っていうくらい、どっぷり浸かっています。


なんか知らないけど、この4月からは深夜の番組でアニメデビューも果たしていて、

なんか、すごいぞ!

キャラのたち方がかなり濃いので、

私としては『聖☆お兄さん』のイエスとブッダのキャラの方が好きだけど、

チビチビは、シスター(男だけど)の絵を描いては、ニンマリしている。


日曜日にでも、ビデオ撮りしたアニメを見てみるか。

posted by やおこ at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

節約の王道

リンボウ先生こと林望先生の節約術。

「家計簿はつけない」

「スーパーには虚心坦懐で赴く」

「御馳走されて当然、の女とは付き合わない」

「旅行ガイドにある料理店にはいかない」etc…


なんか、私が思っていることを代弁してくれてる?

と思うくらい、同感することが多かった。

ちょっと違うな…

と思うこともあったけど、それは生活が違うのだから当然のことかもしれない。

「ブランド物を買うくらいなら、テーラー仕立て」

って。

うちは両方無理。

「現金をおろす時は3万4千円」

そんなにいっぺんにおろせないよ。


とまぁ、ちょっと違ったりするんだけど、

あとはさ、すごくうなずいちゃうよ!

「旅行代理店よりネットで自分で選ぶ」とか

「ホテルは素泊まりに限る」とか

「お金に余裕があったら子どもに投資せよ」(余裕ないけど投資してるよな〜)

「子どもの小遣いは少ないほど望ましい」とか

「和室はほんとうに必要なのか」(うちには和室ってないし)

「病気にならないことが何よりの節約である」


あぁ〜、きりがない。


でもあとこれ!

「死から逆算して、将来プランを立てる」

やっぱり、人生折り返しちゃったら、どんどん死に近づいてるわけだから、

きちんと残りの人生、やり抜かないと…ね。


あっという間に読めちゃったよ。


posted by やおこ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月31日

折れない心

柔道家の野村忠宏さん著の本でした。

新書版で読みやすいので、あっという間に読めてしまった。

野村選手は、オリンピック3連覇していて、

この先、野村を抜ける人はいないんじゃないかって思ってしまう…


たまたま今日、笑っていい友の増刊号で、

月曜日のゲストとしてテレフォンショッキングに出ていたので、

しっかり見ちゃいました。

彼はトークが面白いよね。

本も真面目なんだけど、彼の考え方やものの見方がよく分かるように

書いてあって、すごく楽しめた。


オリンピックの選手だけあって、相手と向き合うことや、

彼独特の練習方法、試合前の調整…にすごく参考になることが多くて、

お兄ちゃんにも読ませたいと、早速メールした。


お兄ちゃんたちは、中学の時に野村選手から直々に教えてもらったことがあって、

試合後にも、親切に指導してくれていたことで、

ものすごく親近感を持っていたと思うんだ。

お兄ちゃんからも「読みたい!」って返事も来たし。


彼の今の考え方を知りたいと思って買ったんだけど、

折れない心がどうやって、作られたかを知るためにものすごく

これからのお兄ちゃん達に役に立つんじゃないかな。



そんなこと考えていたんだけど、腹の立つことひとつ。


お兄ちゃん、今日は晩ごはんを食べに帰ってきたけど、

お金…って言ってきたので、「もうない!」とピシャリ!

あと10日。こっちもどうやって過ごそうか頭が痛いのに、

お金を盗られたっていうからその分補てんしたこともあったし、

そんなにお金はないから!と久しぶりに小言を言わせてもらった。

金遣いが荒くなって、ちょっと本当に自覚してもらわないと困る。

借金してて…、じゃ、何に使ったか書き出してよ、とまでは言わなかったけど、

4万円が1週間たたずにもうないなんて、いくらなんでも早すぎでしょう。

あ〜!こっちはギリギリ切り詰めているっていうのに、

何考えてるんだよ〜!

ぶぁっかもの〜!!





posted by やおこ at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

自分ですぐできる免疫革命

今回も安保徹さんの著書です。

どうしたって、免疫ですね。

だいぶ私も交感神経と副交感神経について詳しくなってきたよ〜。

身近な問題としてあるからね。


さて、今回は、『ガン免疫力』という本の再編集、改題したものだから、

ガンにかかったら…ガンにかからないために…ということが中心なんだけど、

免疫力が正常だったら、ガン細胞も免疫でやっつけられてる、ってことで、

そこが正常じゃないと、ガンになったらそこで異常に戻せばガンも治る…

と、だいたいこんな感じ。


今回、なるほど〜と思ったのは、漢方薬。

あれって、体に効くと思っていたけど、

その「効く」っていうことが、実は体の解毒作用を利用した排泄反射で、

出すから、体の流れがよくなるっていうことなんだって。


勉強になるなぁ。


ぜひ、自分の体を知って、健康になろう!


posted by やおこ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

聖☆おにいさん

やっと出ました!

聖☆おにいさん4巻。

9月に出ると言っていたのに一ヶ月延びて待たされたよ〜。

しかも私がフランスに行ってる間に発売しちゃうから、

気になっちゃって…


でもやっと手に入れました!

今回もブッダとイエスワールドが広がってます。

多少パワーダウンしてるかもしれない…かな。


チビがずっと独り占めしてたから、やっとじっくり読めた。


さてさて、もう一度ゆっくり読もうっと。


テレビで「仁」ってやってるけど、あれも漫画から?

おもしろいね。
posted by やおこ at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

こんな○○は××だ!

具合の悪かった昨日、

ブックオフで、おもしろい本、見つけました。

お笑い芸人の鉄拳さんの今までのネタ、見てくださいって感じの本です。

もともと、鉄拳の芸が、けっこう好きで、エンタとか見て笑っていたりしたんだけど、

最近はなかなか見られなくて、残念だったんだけど。

この本も、ちょっと前に発行されているから、

売れて?いる頃に出たのかもしれない。


鉄拳のネタは、けっこうマンガやアニメをパロっていて、

知ってるとおもしろいし、かなり幅広いんだよね。

鉄拳も、かなりのマンガ好きとみた。(今更古い?)


改めて鉄拳の奥深さ?を見たような気がする…


しかし、ブックオフでは売れないと見られたのか、

105円コーナーに置かれていた…

おもしろいのに…


私の中では、鉄拳とパペットマペットが、同一人物の様な気がして、

じっくり声を聞きたいんだけど、

最近は、あんまり見ないね…(ションボリ…)



posted by やおこ at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

朗読者

映画で今話題の「愛を読む人」の小説。

読みました。

映画の評が、「何度見ても涙が出ると思う」とか、

「何本もの映画を見たような深い感動です」とかの感動するよ〜と、

評されていたので、じゃぁ、本を読んだらものすご〜く感動するのかな、

と思って読んだんだけど、

驚かされはしたけど、感動はイマイチだった。

…と言うことは、もしかしたら映画の方が出来がものすごくいいのかしら…

やっぱり、戦争を背景に書かれているから、重かったのかな。

でもバンバン撃ち合ったりしてる訳じゃないから、

そんなに色濃く出ているんじゃないんだけどな。


最初は、このままの関係でどうなっちゃうんだろう…

と心配しながら読んで、次の章では「え〜!そんなことがある〜!?」

と驚いて、最後の章は「そんなに〜!?」とまたしてもびっくり。


自分の中で、そう言った思いがないからかな…

自分とあまりにもかけ離れすぎてるから…?


映画を見たら、もうちょっと意見が変わるのかな。




posted by やおこ at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

絶対成功する千回の法則

って言う本を読みました。

これを書いたのは、「銀座まるかん」と言う漢方薬を売っているお店の社長さん。

斉藤一人さんという人で、「スリムドカン」と言うすごいネーミングの漢方薬を売っていて、

長者番付の上位にいつもランキングされている方です。


なんで、読もうと思って買ったかと言うと…

もちろん成功したいから…って言うのはあるけど、

この社長さんの言っていることと、私の思っていることが似ているところがあって、

一体どこが違うと、長者様になれるのか?って思ったから。

てか、単純におもしろそうだったから。

なんだけど、これは買って正解。


ざっと、第1章の中の小見出しをあげると


この世はシンプル

幸せへの第一歩は何か

笑顔が変える発想

成功の秘訣は「楽しくてしかたない生き方」

「自己重要感とは何か」




とずっと続いて行くんだけど、

私がいつも思っている「笑う門には福来たる」とか、

「ポジティブシンキング」とか

「人間完璧な人はいない」とかを

別のことばで言っている。


もちろん、目からウロコ、もたくさんあったよ。さすが長者様。

税務署は「福の神」とか、

ピンクの服を着ると貧乏にならないわけ、とか、

東大卒が商売に向かない本当の理由、とか…


ピンクの服か…

…ピンクの服を着ていると、貧乏には見えません。

そして貧乏に見えないという状況を続けていると、

やがて貧乏ではなくなってしまいます…(本文より)

かなり強引な持って行き方なんだけど、そのあとに納得する理由が述べられているのよね。

ピンクか…

今日、チュニックを買ったんだけど、いつも買う「青」系のはやめて、

ピンク系の色の入ったやつを買ってしまいました。

貧乏に見えないように、ピンク、着てみるよ…。



ていう感じで話はドンドン進んでいくんだけど、

最後の方は、貧乏金持ちあんまり関係なし、だったかもしれない。

モテるようになる超かんたんな方法

なんて言うのもあって、じっくり頷きながら読んだわ。

反対に、モテる女の条件、とかじっくり頭にたたきこんだし。

若かりしあの頃、確かに…そんな感じだったかも…

なんて、自分のモテ期を振り返ってみたり…


細かく書くと、いくらでも書けそうなくらいな本です。

基本、考えが似ているところがあったので、長者様にはなれなくても

「お金持ち」には、なれそうな予感のする本でした。






posted by やおこ at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

風の墓碑銘

今日は、チビチビと一緒にお姉ちゃんの誕生日のプレゼントを

買いに行って、ドーナッツも買って、お昼〜。

その後、チビチビが「キックボード乗りたい」というので、

近くの環境センターに行って、キックボード、乗りました。


環境センターに着くと、広々としているので、

走る走る…

チビチビもチビもぐるぐる走って、

顔が真っ赤になるくらい。

私は、その間、

乃南アサの『風の墓碑銘』を読んでいました。

昨日までに、上をほぼ読み終わっていたので、

今日は下。

そろそろ犯人が分かる頃。

音道貴子シリーズで新刊だったので、

気になっていたのだけれど、買えないでいた上下2冊。



いつかテレビでシリーズ化してくれるといいな、と思っているけれど、

きっと配役は、私のイメージに合わないんだろうなぁ。


内容は、やっぱりぐるっといろいろな話が出てきたけれど、

最後はきっちりと、すべての話がつながってすっきり。

やっぱり、面白いね。

宮部みゆきの本もそうだったけど、

すんなり、物語の中に入れるっていうか、情景が思い浮かぶって言うか。

『向日葵の咲かない夏』も、

今一番売れてるミステリー、なんて言葉にだまされて読んだんだけど、

解説にもあったけど「好き嫌いがはっきり分かれる」らしく、

私はなんかやっぱりいまいちだったな。


リアルな描写が好きなんだな、きっと。

史実、とか事実とかに基づく話は、読んでいて、

その中にどっぷり入る感じ。

あ、『三国志』は、まだちょっと読めないかな。長すぎて…。


さて、これでまた新しい本を探さなくちゃ。

だって、通勤時間長いんだもん。
posted by やおこ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

名もなき毒

昨日、本屋さんの店頭で見つけた宮部みゆきの新刊本。

『名もなき毒』

読み始めたら、宮部ワールド全開。

すぐに、どっかで読んだことある?と思ったら、

『誰か』の続編だった。

登場人物が同じで新たな事件、の話だった。


今多コンツェルンの娘と結婚した杉村は、

意図せずして事件に頭を突っ込み、

結局巻き込まれ、解決していく話なんだけど、

宮部みゆきの書く話は、

この事件とあの事件が美しく交差して、

目の前にあたかもテレビでみているかのような臨場感を

感じさせてくれる。

リアルな設定で、緻密に計算されたストーリーの展開は、

読んでいて最高のプレゼントをもらったみたい。

読み終わるのがもったいない感じだった。



次の宮部みゆきの本がいつ出版されるのか、

待ち遠しいよ〜。


早く出版されないかなぁ…


て、早すぎかな。


posted by やおこ at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。