blogram投票ボタン

2011年03月15日

希望を持って信じて

お兄ちゃんの柔道の友達のママ達で、

関東以北に住んでるママ達にメールをしました。

地震のあった日に、茨城に住んでる2人。

2人についてはうちの中はめちゃくちゃだけど…ということでも無事が確認できました。

今日は青森に住んでいるママにメールしてみました。

彼女も大丈夫との返事でしたが、お兄ちゃんのお嫁さんが仙台出身とのことで、

ご実家も仙台空港近くだったそうですが、

地震以後、連絡が取れないそうです。


お嫁さんは、連絡が取れないだけで、神様が守ってくれていると信じているそうです。

きっとどこかに避難して、生きていてくれると私も祈っています。



テレビを見るたびに涙が出てきてしまいます。

もっと強く、私にできることをやっていかなければ、と思います。







posted by やおこ at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | シリアス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

震災後のお仕事

今朝は横浜の日本語学校でのお仕事で、「私の東日本大震災」というテーマで、

作文書いてスピーチしてもらおうと思い、昨日資料を作ったんだけど、

今朝学校に着いたら、

「先生〜、今日は学校は休校なんですよ〜。担当の先生に連絡を頼んだんですが…」

「え!連絡来てないですよ」

「やっぱり〜!(もう一人の)N先生に連絡取りましたって連絡だったから、代講だったのかなって…、先生ごめんなさいね〜」

って事で、せっかく行ったので学生達に休校のお知らせの電話をかけるお手伝いをしました。

学校に来た学生もいたり、みんなそれぞれ不安げな顔をしていました。

遠い外国に来て、震災にあって、国の親御さんも心配しているなか、言葉も分からず本当に心細い毎日でしょう。



そんな中、いつも朝早く来ている学生(男性)が「私は日本語ができないけど、何か手伝えることないでしょうか」

というので、よく話を聞くと、

「この3日間、ずっとテレビを見ていて、津波に巻き込まれた人や、町は本当に見ていて心が痛くなりました」

「言葉ができないけど、物を運んだりとかはできます」

「どうしたら助けに行けますか?」



外国の人が日本人が困っているのを見て、こんなに胸を痛めてくれて、助けようとしているのを知って、

私、思わず涙が出そうでした。



夕方には柔道部の後輩のママから電話があって、

「何か足りないものがあったらこっちから送りますよ」とわざわざ聞いてきてくれました。

大阪の方でも懐中電灯や乾電池は売り切れているそうで、

幸い足りないものは、今特にはないのでその気持ちをいただいて電話を切りました。



私たちはまだパンや食料が足りない、とか停電くらいなので大丈夫です。

被災地の方では、食糧や水がまだ届いてない所も多いと聞きます。

あちこちから支援物資が届き始めているそうなので、もう少しです。



たくさんの人たちの愛で、日本はまたいつも通りの生活になれると確信しました。

がんばりましょう。

posted by やおこ at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | シリアス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

3.11東日本巨大地震

皆さんのところでの被害状況はどうですか。

被害に遭われてしまった方々が、一日でも早く安心して普通の生活ができますように祈っております。



私も昨日の地震の時間は派遣先の会社で教えている時に起こりました。

最初はゆらゆらしていたので、これは…と思っていたら、

学生が「入りましょう」と言って、机の下のもぐり込んだので、

私ももぐり込んだら、床がゆさゆさ揺れ始め、ホワイトボードがギシギシ音を立て、

何かにつかまらないと倒れてしまいそうな感じでした。

いつもなら段々小さくなる地震が、今回は全然小さくならず、逆に大きくなっているかのようでした。

学生も「怖い」と言っていましたが、「私も怖いよ。でも子どもたちは大丈夫か心配…」と、

携帯を握りしめて、電話をかけようとしていました。


隣の部屋の方が、ドアを開けて「みんな避難しているから早く出た方がいいよ」と教えてくれて、

学生と一緒に中庭?に集合。社内の人たちは避難訓練でやっていたように手際よく、

グループの仲間の安否を確認したり、被害状況を確認したりしていましたが、

そんなときに2回目の大きな揺れが…。

建物が大きくゆらゆら揺れ、屋上にあるアンテナがぶんぶん揺れていました。

立っている足元も揺れていました。


こんなに大きい地震は初めて。


絶対に東京に来た!と思ったのですが、宮城沖とのことで、

東京に来たらもっとなのか…と更に不安になりました。


首都圏の電車はすべてストップ。

家に帰る手段はないかも…と思ったら、目の前をバスがブーっと走り去って行くのが見え、

西武のバスでショートカット、して帰ろうととりあえず駅に行って駅の状況を知り、

公衆電話で子どもたちはどうしたか電話をかけ(旦那がいて一緒にいました…ほっ)、

途中から歩いて帰ることを想定して、100円ショップでカロリーメイトを購入して、

バスに乗り込みました。


そのバスが終点についても更に乗り換えまたバスで下り、

2つ目の終点から更に乗り換えて次も終点まで、家から多摩川をはさんで8駅離れた駅まで来ました。

乗り継ぎ乗り継ぎでここまでで3時間。

この駅まで旦那が迎えに来てくれるとのことで、ミスドで待つことにしました。



待つこと1時間。

家からたった8駅しか離れていないのに、

道が大渋滞で、来るまでに1時間半もかかり、帰りはさらに2時間半。

家に到着したのは、12時過ぎでした。計4時間もかかりました。



会社を出たのが4時半ころだったので、帰りは合計8時間もかかりました。



でもそんなだったけど、横の道を早歩きで歩いている人がいっぱいいて、

ひとりじゃないんだ、と勇気をもらいました。

皆さんが無事に家までたどり着けたと信じています。



ミスドで待っている時、チビ達にもドーナッツ買っておこうと並んでいたら、

あっちになんか見た事のある顔が…。

なんと高校の時の同級生が、息子さんとやっぱり一休みしに立ち寄っていたのでした。

ビックリ!

こんなタイミングで。


聞くと、息子さんの高校(親子で同じ高校)で保護者会があって、

会を始めようとしたときに地震が来たので保護者課はお流れ、

高校のバスで駅まで送ってもらい、そこからミスドのあるこの駅まで歩いてきたとのことでした。

高校はうちの隣の駅なので9つ離れているんだけど、

そこから多摩川も越えて歩いてきたなんて、すごい!

でも、「息子が疲れた〜っていうから」と友人はまだ余裕。

「今、高校でマキハタ山キャンプ、やってないからね」というと

「今のはゆる〜いキャンプ(ハイキング?)だからね。弱いよね」

と昔のマキハタ山キャンプのつらさを思い出してお互いの強さを讃えあいました。


つらいだけの山登り…マキハタ山キャンプがそんなところで役に立つとは…

人生、無駄なことはしていないんだなと思います。



そして帰宅できるかどうかわからない状況の中で、

旧知の友達と出会えたことで、すごく心強かったです。



私の友人も仙台や茨城にいるので安否を心配していました。

茨城の二人の友人と連絡が取れ、家の中は大変だけど家族は無事です、と確認が取れましたが、

仙台の友人からはメールもないので、どうしているのか今も心配しています。


海外の友人からも心配してくれるメールが届き、本当にありがたいです。


家族の大切さ、友人のありがたさを再認識しました。












posted by やおこ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | シリアス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

一(はじめ)茶

ブログランキングで「鈴木桂治」選手のカテゴリーで3位になってました。

あら、びっくり!

去年の柔道選手権の時に書いたブログでしたが、長い間読んでいただいてありがとうございました。

今年もお兄ちゃんの柔道の事を始め、色々なことに首突っ込んで、書いていこうと思いますので、

また、よろしくお願いします。




で、今日は、コカ・コーラ社の「一(はじめ)茶」についてです。



一(はじめ)茶は、「茶織」とか「茶花」とか色々な名前で出ていたのよね。

最近は全然見ないなぁ…リニューアルでもしているのかなぁ…

と思っていたんだけど、

先日、行った所のじみ〜な場所にあった自販機の「今だけ130円」の枠の中にあったの。

即購入。



お久しぶり〜もうやだ〜(悲しい顔)


やっぱりペットボトルの形がリニューアルされていましたね。

デコボコもなく、ツルっとしたスタイリッシュなボトル。

丸みがなくなって、すらっとした形。

チビが「明日、このボトル持っていっていい?」と言うので、

「いいよ〜」と言ったら、

「この形いいよね〜。ツルっとしてて、好き〜黒ハート

だって。



早くこのお茶、どこでも買えるようにしてくれないかなあ…。


きっとみんな待ってると思う。


このお茶は、私の柔道観戦のヒストリーとともに歩んできたお茶なので、

柔道観戦には欠かせない一品なのよね。

去年体重別選抜柔道大会見に行った、福岡の国際センターの中で見たきり、

2リットルペットボトルを除いて見ていないのよ…。

すごく悲しいわ…。


コカ・コーラ社さん!

この一(はじめ)茶、もっと流通させてください!

(私、昔渋谷の本社?のアメリカ人に日本語教えに行ってたこともあるので…←いや大した意味はないです)

ぜひ!よろしくお願いします。












posted by やおこ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | シリアス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

ネットがつながらなくなった

なので、携帯から入力してているんだけど、まじ、修復できない…

どうしたらいいのかしら…

一応、修復しようといろいろいじってみたんだけど、どうもうまくいかない…

今日はいろいろ調べたい事があったのに、できないじゃないか〜あせあせ(飛び散る汗)

日曜日はネット中継を見るから明日また調子が悪かったらなんとかしないといけないな。

土曜日は箱根だし。

頼む〜あせあせ(飛び散る汗)よくなっていておくれ〜あせあせ(飛び散る汗)
posted by やおこ at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | シリアス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月30日

無線LANが使えない〜あせあせ(飛び散る汗)

昨日、仕事しようとコンピュータを立ち上げたら、無線LANがユーザー名とパスワードを要求してきたの。

いろいろやってみたけど、結局開けずそのまんま。
取説に書いてあるから見ながらやってみたら、との兄貴様のご指導のもと、やろうとしたけれど、まず取説がない。

ダウンロードしようとしたけど、デスクトップも使えないからお手上げ状態。

今ネットとつながっているのは、ケイタイだけだわ〜あせあせ(飛び散る汗)


なんで無線LANがそうなったかというと、はっきりわからないけど、どこかからの接続があり、買った時のままのパスワードなら誰でも簡単に知る事ができるから、勝手にパスワードを変えられたのかもしれない、との事。
私の無線LANのル〜タ〜あせあせ(飛び散る汗)

取り戻すぞ〜。


でも、もしかしたらちび達が最近パソコンガチャガチャ使うから、それが原因でなんかなっちゃったのかも。だって、ルーターの扱い方、ひどいんだもん。ルーターもストライキ起こしたのかも…
posted by やおこ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シリアス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ルーター接続できた〜

いやいや、まじ焦りましたが、

ちゃんと取説を見たら、わかったわ。

よかったよかった。


誰かがパスワードを変えた、なんて怖いものじゃなくて、

やっぱりチビチビが無線LANのルーターとNTTのルーターのケーブルをいじって外してしまったんじゃないかな、

っていうことになりました。


あ〜、焦った。
posted by やおこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シリアス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

火災事故から子どもを守ろう

今日は校外委員のお仕事で、地域の地区懇談会に出席してきました。

最近、子どもがライターで遊んでいて、火災を起こす事故が多く、

ライターを二重ロックにしたり、強く回さなければ火がつかないようにしなければ、

販売できなくなるとか…


最近の子供は、「火」を見ることが少なくなっているので、

怖さも知らない、どうやったら怖さを教えることができるのか、

ということもお話していただきました。

このごろは、落ち葉などを燃やすのもNG。

「火」って遠くなってしまっているんですね。


実際、お正月に「どんど焼き」を見に行った時、古くなったお飾りやだるまさんが、

業火にのまれていく様子を見たら、

やっぱり火って怖いなぁって思うし、離れているのにめちゃくちゃ熱くて

こんな火の近くにいたくないな、って思うんだろうね。


でも最近は知らないから、子ども達は、大人がタバコを吸うときに使うライターを見て、

「火ってきれいだね〜」とか、

「ああやると火が出てきておもしろ〜い」とか、

「これに火をつけたらどうなるんだろう」とか、

素朴に、簡単に、ライターを手にして遊んじゃう。




そんなご時世なので、親の私たちはどうしたらいいか、

どうやって子どもたちの火遊びをへらすことができるのか、など

区の消防署の方にきていただき、講演をしてもらいました。


一つ話の中で気になったのは…



部屋が片付いていないおうちは、火事になりやすい



ということでした。

うち、やばいかも〜。

でも幸いタバコを吸う人がいないので、子どものライター遊びはないかな。


なかなか、勉強になった2時間でした。


posted by やおこ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | シリアス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

福岡の友人

心配だった彼に、とうとう会えませんでした。

奥さんには会えて…

でもなかなか彼の話が出ないから、

お昼を食べ終わってから、おそるおそるきいてみたら…



彼、3月に亡くなってしまっていました…



私がメールを出した時はまだ生きていたのに、

この2週間の間に亡くなってしまって…

間に合わなかった。

私が行くまでまっててくれなかったよ。

奥さんは、まだ亡くなってから2週間しか経っていないのに、

気丈にいつものように明るくて、

娘さんも東京に出てきてしまったから、急に一人になってしまって、

淋しいはずなのに、私にも気を遣ってくれて…


Kちゃん、後ちょっとだったのに、まっててくれなかったね。

お兄ちゃんの試合で行くからね、って年賀状書いたのに…

でも、いつもお兄ちゃんのことを気にしていてくれて、

ありがとうね。



オーストラリアで知り合ってから、なんか気があって

いろいろ飲んだり話したりしたよね。

私がN.Yに遊びに行くよ、といったら、「僕の彼女のうちに遊びに行ってよ」って、

それが家族ぐるみでのおつきあいの始まりだったね。

20年以上も前なんだね。

一昨年、何年かぶりに会えて、本当によかったよ。

奥さんもちっとも変わってなかったし、娘さんも大きくなって…



娘さんが東京に行っちゃう前でよかったって。

眠るように亡くなったって、苦しまなくてよかったねって。


お骨は海に撒くっていってたから、

海に行ったら、いつもKちゃんのこと思い出して、

懐かしく思い出すよ。


私が生ききったら、そちらの世界でまた会おう。

また、酒飲んで、哲学語ろうね。










posted by やおこ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | シリアス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月14日

確定申告に行かなくちゃ

おー!

明日はもう15日。

確定申告は3月15日まで、なんていう広告を金曜日にバスの中で見たけど、

遅すぎだよね。

気づかなさ過ぎ?

一応、だいたいはできているので、あとはプリントアウトして、

源泉徴収票と保険証明証をくっつけて、

税務署に持って行く、と。


今日は昨日帰ってきたお兄ちゃんが、お昼御飯を食べに来て、

ついでにお小遣いも…

足りないからって、明日入れなくちゃなんないじゃん…


明日は学校の方、お給料が入っている方から出すしかないね。


はぁ〜…


どっかに金のなる木が生えてないかしら…
posted by やおこ at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | シリアス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

混乱してる?

学校の先生から電話があって、ちょっと確認したい事があるというので、

先週の金曜日に引き続き、教頭先生とお話ししました。



先週の金曜日は、上の子がインフル検査が陰性でもリレンザを飲んでいるなら、

インフルエンザかもしれないって事だから、下の子は出席停止で、お願いします、って事だった。


今日は、下の子がインフル検査が陰性でも、インフルエンザかもしれないから、

上のお子さんが陰性と言うことは、濃厚接触者と言うことになるので、

休ませてほしい、と言う内容。



なんかおかしくない?



こっちはもうインフルエンザにかかったものとして、対応しているのに、

陰性だから、云々。

教頭先生も「インフルエンザの疑いがあるから、お医者様もリレンザを処方したんですよね」

と金曜日に言っているのだから、

上の子はインフルエンザが治ったものとして扱ってもいいんじゃないかな、

と思うんだけど。

リレンザも飲んだし、インフルエンザだったかということは、わからないし。



なるべく休ませて、拡大を防ごうと言う配慮はわかるけど、

治った児童で、高学年に入るのだから、行かせてもいいんじゃないですかね、教頭先生。

高学年は、重症化になりにくいから、

高学年は出席させてもいいとのプリントを配ったばかりでしょ。


校医さんが、こどもの中に重症化しやすい既往症を持っているこどももいるから、

控えた方がいい、と言っていたらしいけど、

まず、うちのインフルエンザになったものと仮定して話していたこどもは、

二日前に熱も下がって元気にしているでしょう。

上の子が感染源になるってことですか。


インフルエンザかもしれないと言われた下の子は、

出席停止でどこにも行けず、

上の子から移ったとしか考えられないのに、

また上の子に移るかもしれないって?

教頭先生が出席停止で、と言ったからどこにも行かせなかったんですよ。

どっから違う風邪?インフルエンザ?もらった?

お姉ちゃんしかいないでしょ。



話してみたら、もう、とにかく疑わしきは休ませろ、って感じで、

自分が前にどういう対応をしたのか、覚えていないのね。


私は上の子はインフルエンザだったと思って対応してるし、

それが完治しているなら、

下の子がインフルエンザだったとしても、

もう免疫があって、移すおそれはないものと考えているけれど、

私、なんか変かな?

下の子は、学校は休ませてるよ、もちろん。

インフルエンザかもしれないから、タミフル飲ませてね。
















posted by やおこ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | シリアス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

旦那のおじさん

今朝、義理の妹から電話があって、

T市のおじさんが亡くなったと連絡がありました。

急な知らせで、ビックリしてしまいました。


今年おじさんの奥さん、つまり私の義理の母の妹さんが7回忌で、

12月にやるからと、話していたそうですが、

7回忌の前に、亡くなってしまいました。

おばさんのお墓には、きれいなお花が供えられていたそうで、

お墓参りをしたばっかりだったんだなと、

みんなで話していたんだそうです。


おじさんは、今朝、冷たくなっているところを発見されたそうで、

検死の結果、亡くなったのは昨日の朝だったようです。

お酒の大好きなおじさんだったから、それでドクターストップもかかっていたそうだけど、

最後までお酒を飲めて、苦しまずに亡くなったみたいで、

それだけはよかったのかもしれません。

そして、おばさんの近くに行けたことも…。

よかったね、向こうで会えたよね、と願わずにはいられません。


お通夜はあさって24日、告別式は25日。

旦那は、子どものときからお世話になっていたおじさんだっただけに、

できる限り出席して見送りたい、といっていました。


生前を知っていると、なかなかその死が受け入れられないものですね。


母の死んだ時を思い出します。







posted by やおこ at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | シリアス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

やっぱりマイケル・ジャクソン

彼が亡くなって、もう4日も経つけど、

未だに信じられないよね。


東京ドームにマイケルが来たとき、行ったんだよね。

どうやって手に入れたのか、とか、誰と行った、とか、ぜんぜん覚えてないけど、

あの東京ドームの後ろの方で、ちっさいマイケル・ジャクソンを見て、

感激!感動!


確か、双眼鏡を持って行ったけど、それでも小さかったなぁ。

で、スクリーンで大写しになっていたけど、

それじゃ、あんまり意味がないけど、

でも、マイケル・ジャクソンとおんなじ場所にいて、

同じ空気吸ってるって、けっこうドキドキしたよね。


亡くなった日の朝の番組の中で、

「マイケルは小さい頃から、芸能界にいて、子どもらしい生活ができなかった」って。

「だから、子どもに戻って友だちが欲しかったんだろう」って。

「ホテルの窓から子どもを出したときも、

ただ、ファンのみんなに子どもを見せたかっただけでしょう」って。


私もね、本当にそうだと思うよ。

自分を抑えて世界のスーパースターであり続けるために、

たくさん捨ててきたものがあるはず。


子どものまま、のマイケルが、どこかにまだいて、

素になったとき、出てきていたんじゃないかな。

今日、スマスマで3年前にマイケルがサプライズで来たときの放送をしていたけど、

みんな緊張しちゃって、普通のスマップじゃなくなっていた。

マイケルと友だちみたいに話せるかと思ったけど、

やっぱり神様だったのかな。

そんなマイケルと心の底から話せる人は、家族以外でいたのかな。


整形し続けて、なんで、そんなにコンプレックスがあったのかな。


悲しいな〜。

posted by やおこ at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | シリアス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

朝日新聞の記事に

今日の朝日新聞の記事に

「本を良く読む親を持つ子供の成績は上位」

っていうのがあった。

本(漫画や雑誌を除く)とあったけど、

我が家は、本は雑誌も漫画も文庫も新書もハードカバーも何でもござれ、

状態で、本当に乱読。

何かしら活字を追っていないと、つまらないんだよね。



うちのチビ達の成績が上位かどうかはともかく、

チビ達も本は好きだよね。

特にチビは、私の買ってくる漫画には、必ず目を通すし、

最近は、字の細かい少年少女文庫、みたいなのも読んでる。

でも、暗いところで読むから、目が悪くなっちゃう!


でも寝る前に本を読む、っていう習慣は、私と同じだわね。

てか、私が読むからチビも読むようになったんだと思うけど。


前に本を読むから目が悪くなった、と非難がましく言われたことがあって、

(誰に、とは言わないけどね)

私も、小さい頃から本を読んでいたけど、

目は悪くなってなかったんだから、

これは別の原因もあると思ってるんだよね。ゲームとかさ。

(それを言ったら、「うちのもゲームばっかりやってるけど、目は悪くないよ」と言われた…。

それもちょっとどうかって思うよ〜。本を読まないからそう言うのかな…)



本は、私が離婚を決めたときの気づきを教えてくれたし、

日常から離れた所に私を連れて行ってくれる一番安上がりな娯楽、

と思う。

本を読むと人生が深くなると思う。



幸い、お兄ちゃんもスポーツバカだけど、

本は読むから、ちょっとは安心、かな。

本を読まないのは、人生に幅が出ないと思うから、

何でもいいから本を読もう!

今からでもいいから、本をいっぱい読んで、

心を豊かにしよう!


世界で自分一人になってしまったときでも、

本は自分の友達になってくれるから。

強くなれるよね。
posted by やおこ at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | シリアス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

あまりにも急で

急なことでびっくりして、

なんかウロウロしちゃう。

特に私が先頭に立ってなんかやるわけでもないだけれど、

なんかしなくちゃ、って気になるのは、

性分なのかな。


今まで、チビチビとチビが保育園でお世話になっていた、

園医さんが先週の土曜日にお亡くなりになったそうです。

園医さんは、保育園の園長先生のご長男で、

園の小さい方の園庭に病院を建てて、

そこで開院して、保育園の園児たちの検診も

やってくれていました。

卒園した後も、チビチビがつい10日ほど前に、

花粉症のことでお世話になったばかりで、

亡くなったことを話すと、チビチビもびっくりしてました。


土曜日は、診察のある日だから、

その日に診察を受けた人は、本当にびっくりだろうね。


何よりも園長がかわいそうでならないよ。

まだ園長自身健在なのに、

子供が先に逝ってしまうなんて、

長生きした甲斐がないよ。

韓国じゃ、子が親より先に死ぬと、ご両親のうちに入れないんだそう…

老いてから、子供に先に逝かれて、

どうやって立ち直ったらいいの?

私ももうすぐ行くよ、って思うしかないじゃん、

私の場合。


園長の憔悴しきった顔が目に浮かぶ…。


急に亡くなると、

亡くなった本人もきっと、えっ?なんで?って思っているだろうな…


まだちょっと時間がかかるね。


こっちもあっちも…


posted by やおこ at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | シリアス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

確定申告ぎりぎり〜!

やらなきゃやらなきゃ、ってずっと思っていたのに、

なんだかんだで、作成が今日になってしまった〜。

でも税務署のHPから作成コーナーに行くと

金額を入れていくだけで、

あっという間にできあがるから、ちょいちょいとできちゃう。

便利だ〜。


旦那の分までやっちゃったもんね。


書類さえきちんと集めてそろえておけばホンの15分。


来年もまたそれで…

eTAXにすれば5000円控除になるって言うから、

来年はそれでもいいのかな。



チビチビが昨日卒園式でね…

がんばってやり遂げたよ。緊張したね。

でもね、夕べから熱でさ。

インフルエンザB型だったよ〜!

休日診療所はぐったりした子どもでいっぱいでした。
posted by やおこ at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | シリアス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

自分オリジナル

今日はデザイナーさんのレッスンがあって、

このところちょっと真面目な話をすることが多い。

いや、いつも真面目にやっているんだけどね。

日本語で結構人間のあり方、みたいな話をしたりして、

おお!こんな話もできるようになったのか!

と、こちらは感動してるんだけど、


昨日は「性格は変えられないというものではない」


と言う文から発展して、

「変えたら自分が弱くなると思う」とか、

「自分がわかっている人は強い」とか、

真面目に話し込んでしまった。


これはこれで良かったね。

彼の考え方とかが良くわかったよ。


彼はデザイナーだから、

芸術に関して理解があるんだろうなと思ったけど、

デザイナーとアーティストは違うって言うことを

教えてもらった。


デザイナーは、経営的なことも考えながら、

ユーザーの意見を取り入れながら

それを作るんだそう。

でもアーティストは、自分を表現することを大切と考えているから、

経営側との話し合いで、だんだん自分が辛くなってしまう…


今日の学生のデザイナーさんは、工業デザインを勉強した人で、

もう一人のデザイナーさんは、美術の大学に行った人。

そんなところに、違いがでるなんて今まで知らなかった。

うちの旦那も工業デザイン勉強したんだけどな…


私は元々役者上がりだから、

芸術家の考え方はわかる、っていうか、理解できる。

一人一人の個性が大切だから、

それが好き嫌いはあるけど、それがこの人の考え方なんだなぁ、

って見ることで、その人の思いが伝わってくる。

だから、その人が考えた自分の物って、

すごく大切な物だと思うんだ。


そんな私も、自分の生き方とか好みとか、

すごくこれが私!と自信を持って言えるよ。

役者だったとき、

「何が本当の自分なんだろう?」

って毎日毎日考え続けたからさ。


本当の自分を見つけるには、

隠れていた自分を前に出してくること。

それが怖くても、勇気を持ってやったことで、

自分に自信が持てて、自分が変われる。

そして、理想の自分と本当の自分が一つになる、

様な気がする。

がんばれ!自分!



だからさ、人を真似した生き方は、本物じゃないよ。

その人自身、本当の自分がどこにあるのかわからない。

自分てどんな人なんだろうって、

一生懸命考えた人だけが手に入れることができる、

その生き方を、表面だけ見て、真似して欲しくないよね。


真似しても、それが本当の自分じゃないのにね。


参考にする、ぐらいにしておけばいいのにさ。


え?誰のことかって?

いやいや、そういうミーハーな人、いるよねってことで。








posted by やおこ at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | シリアス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。