blogram投票ボタン

2011年07月28日

ハリーポッターと死の秘宝part2

最終回。

見てきました。


見ていると10年分の思いが胸一杯に広がってきて、

次々と壊されていく学校を見ながら、ハラハラと涙がこぼれてきました。

最後だから、ちょこっとずついろんな回のキャラクターが出てきたり、昔のセット?や死んだ人たちも出てきて、

見ていてお得感たっぷりでしたが、最終決戦なので全体的にくら〜いムードでかなし〜感じ。


でも10年前から成長してきたみんなを見るのが楽しみだったよね。

ホントにみんな、よく続けてくれたな〜と思った。

でもマルフォイの手下の一人が、黒人に変わっていたね。それはやっぱり問題起こしちゃったからかな…。

残念だな〜。



今回はマクゴナガル先生が学校を守るために城壁の騎士の石像を魔法で動かした後、

「この呪文、使ってみたかったのよ」っていうセリフが、やっぱり最高!


魔法使いのやってみたい事って、けっこうかわいい!
posted by やおこ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月01日

Pirates of the Caribbean on stranger tides

今日は市制記念日でチビ達も学校がお休みなので、ホットヨガ三昧をやめて、

パイレーツオブカリビアンを見に行きました。

5月に封切りだったから、ずいぶんお預けを喰ってしまいましたが、

先月は、まぁ、忙しかったので仕方ない…。

見に行けたのだから、チビもなんか満足そうでした。



さてさて、映画は私の大好きなオーランド・ブルームが出ていないので、

それに代わるイケメンが出てくるかな〜と期待してたんだけど、

ちょっとイマイチいなかったわ。

たぶん人魚に恋しちゃう、元サッカー選手(なんだって?)の彼がその座を狙っていたかもしれないけど、

人魚に連れて行かれちゃったし、もう次回には出てこないね。

てか、私のタイプじゃなかったし。



チビはジョニー・デップ一筋だから、満喫できたかな。



バルボッサがなんとなくいい人に見えたり、今回はお決まりの小汚さも、なんか小ぎれいになっていた感じがする。

黒ひげが、上品そう?だったからかなぁ?

ブラックパール号が出てこなかったから?



いっつも海や川に落ちて、きれいになっちゃった!?



でもジョニーはいい男だわ。やっぱり。


パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉 オリジナル・サウンドトラック [Soundtrack] / ハンス・ジマー (作曲) (CD - 2011)


パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉 (竹書房文庫) [文庫] / テッド エリオット, 鈴...




posted by やおこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

ブラックスワン

久しぶりにどうなっちゃうの?とドキドキしながらの映画でした。

ハリーポッターとかは原作を読んでいるので、話の筋がわかっているからどう演じるのかな、とか

どう魅せてくれるのかな、とかで見てしまうので、安心して見ていられるんだけど

今日の「ブラックスワン」は先が読めず、ぐいぐい引き込まれてしまいました。


しかし、主役のナタリー・ポートマンの美しい事。

役者さんなのに昔からバレエをやっていたみたいにきれい。

もちろんやっていたんだろうとは思うけど、

役者としてやってたんじゃなくて、まるで昔からバレエダンサーとしてやってきたみたい。

お肉のつき方も踊りも。あれはもちろん吹き替えなしだよね。


欲を言えば、振付師?のトマ役の俳優さん、いまいち私の趣味ではなかったので、

ナタリー扮するニナが彼を好きにならないのは納得できても、最後に「え?そうだったの?」と思わせるのが納得できない。

女ったらし役でもっと適役な人がいたと思うんだけどな…。

でも、あれでいいのかな。

いやいや、私は2時間、もっといい男が見たかったぞ。


http://movies2.foxjapan.com/blackswan/

WS000567.jpgimagesCATFUH6K.jpg

posted by やおこ at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

ハリーポッターと死の秘宝

見たよ〜。

part1。

ヒゲなんか生えちゃって、大人になっちゃって…

魔法学校の友達はあの汽車の中だけ。

ダンブルドアはやっぱり死んじゃってるし、

マグル学の先生って初めて出てきた?のに蛇のご飯にされちゃうし、

やっぱり2部に分けて作っているだけあって、一つ一つが丁寧に描いてあったね。


本を読んで先を知っているだけに、早く先を見たくなっちゃうよね。

スネイプもみんなも少しずつしか出てなかったけど、

その分たっぷりハリーが見られたよね。


来年のpart2が待ち遠しいよ〜。

posted by やおこ at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月31日

借りぐらしのアリエッティ

チビチビはパパと一緒にポケモン映画を見に行くというので、

私はチビと一緒に「借りぐらしのアリエッティ」を見に行くことにしました。

アリエッティは、ナウシカのようなスペクタクルものではないし、

もののけやハウルのように何かと闘ったりはしないのだけれど、

しっとりと、緑のにおいを感じるようなそんな映画でした。


1時間34分はあっという間。

昔、妖精を信じていた子どもだった頃の自分を思い出しました。

うん。そんな女子だったのよね、私も。


小学生は応募はがきをもらい、

「もしもキミが小人だったら?」というお題で自分のアイデアを書いて送ると、

スタジオジブリからお手紙が届くそうで、

大人にはそういったものはないのだけれど、

私もちょっと考えてみました。


そーだなぁ、何を人間から借りるかな?



やっぱり紙と鉛筆かな?

書くことが好きだから、手紙や物語やなんだかんだできっと必要だな。

うちには「ちびた鉛筆」がたくさんあるから、

アリエッティ達に分けてあげてもへっちゃらなんだけどなぁ…


なんか大したことないアイデアでした。




posted by やおこ at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月18日

告白

見てきました。

『告白』の映画。

本を読んだときから、これをどうやって映像にするんだろうって思っていたけど、

今日は、納得の映画でした。


よく映画は原作を越えられない、っていうけど、

この映画は、すごく原作をうまくあらわしていて、

まるで本を読んで頭の中の映像が、表わされているような感じ。

もちろん、監督の映像が素晴らしくて、自分が読んだ頭の中のイメージが、

それとすり替わってしまったのかもしれないけど。


チビは本を読んで、おもしろかった、と言っていたから、

本当は映画も見たかったらしいけど、

残念ながらR15指定で、見られないのでした。

「いつ見られる?」って言うから、

「16歳になったら」って言っといた。

やっぱり、血しぶきブシュー!!は、結構どぎついのかな。

いや、もしかしたら、

「未成年は法律に守られているから、人を殺しても…」

っていうセリフが問題なのかも。


映画は、あっという間に2時間経ってしまったと感じるくらい、

おもしろかったでっす!

もちろん原作もおもしろかったです。





告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)

告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)

  • 作者: 湊 かなえ
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2010/04/08
  • メディア: 文庫



posted by やおこ at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

仮面ライダー・超電王3

そういえば、日曜日に映画を見てきました。

チビがアリスインワンダーランドをもう一度見たいというので、

お姉ちゃんが見ている間に、

私とチビチビは仮面ライダーへ。


もともと電王は佐藤健君がよくてずっと見ていたのだけど、

健君が出ていない電王なんて、電王じゃない!

どっかのコメントにも「制作側はどうしてわからないんだ?

健の出ていない電王は、見たくないよ」って、

書いてあったよ。

なぜだ…なぜ、電王にでてくれないんだ〜!!


そりゃ、さ、もう今をときめく大河ドラマ出演俳優だし、

女子中高生に大人気だから、

今更仮面ライダーでもないのかもしれないけど、

見たいなぁ、健君の仮面ライダー。


あ、で、映画は、優斗君主役の物語。

デネブと優斗が好き♪っていう方には、いいかも。

優斗役の中村優一君?だっけ?

彼もNHKとかでドラマ出演とかしてるし…

あの頃のウルトラマンメビウス、ゲキレンジャー、仮面ライダーに出ていたイケメン君たち。

最近よくテレビでお見かけするよね。

昔から知ってるお友だちががんばっている気がして、

うれしくなっちゃう!


で、この仮面ライダー。

トリロジー、なんて言ってるくらいで、

先週土曜日から3週間、週替わりで仮面ライダーが出てきて、

違うお話をやるらしいんだけど、

え〜!そんなんで集客できるのか、とちょっと心配しちゃう。

大丈夫なんだろうか。

ファンがついてる?

モモタロスとか、かわいいんだけど、やっぱり健君。

健君が出てれば、3週間連続で見に行ったんだけどなぁ。


チビチビは、違うお話をやるって気がついてないから、

もう、1回でおしまい。


あ、そうそう。

電王の最初の映画で出てきた、良太郎の子ども時代の役の子。

だいぶ大きくなって良太郎役で出演していたが、

なつかしかったけど大人になっていたんで、ちょっと悲しかったわ。







posted by やおこ at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

アリス イン ワンダーランド

チビと一緒に見てきました。

2時間はあっという間に終わってしまいました〜。

もっとジョニー・デップがいっぱい出てくるかと思ったけど、

アリスのお話だから、ま、しょうがないか。

でもなんかやけにいい役だったよね。


私的には面白かったけどな。

ちょっとドロッとした感じが結構ルイス・キャロルの世界って感じ。


チビはジョニー・デップファンだから、

しかも、まともな役柄じゃなくて、ちょっと変わった役柄が好きだから、

今回のマッドハッターもよかったみたい。

チビチビは3Dが見たくないからと、一緒に行かなかったけど、

これから見たい映画が目白押しなので、また次回ね。

3Dメガネ、一人300円も払ったわよ〜。



最初はこっちを読んで。

不思議の国のアリス・オリジナル(全2巻)



で、こっちを読んでもいいね。

アリス・イン・ワンダーランド (竹書房文庫)


posted by やおこ at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

シャネル・ココ

ちょっと古い話になるけど、

フランスに行く飛行機の中で、「シャネル・ココ」のフランス映画を見ました。

今日、ママ友に会った時、その話をしたので思い出した!


シャネル・ココ、2回も見たんだよね。

12時間も飛行機に乗ってたから、6本くらい映画が見られそうだったんだけど、

ななめ前のフランス?のお姉さんは、次々いろんな映画を見ていたな。


で、ココ。


なんで2回も見たかって言うと、

映画の最後の方で、隣に座っていたスペイン人の老夫婦がトイレに立ったものだから、

一番奥のおじいちゃんが戻ってくるまで、おばあちゃんと二人、

ずっと立って待っていたので、

おじいちゃんが戻ってきて、みんなが座ってホッと映画をまた見始めたら、

なんかかなり話が進んでしまっていて、

誰かが死んじゃったことはわかるのだけど、誰がどうやって死んでしまったのか、

どうしてそれがココにわかったのか、などさーっぱりわからないまま、

あっという間に映画が終わってしまったのです。

で、しばし悩んだんだけど、やっぱりもう一回見なくちゃ、

落ち着かないわ、という気持ちになって、

もう一回はじめから見ることにしたんだけど、

やっぱり、2回目の方がいろいろ背景やこれからの展開がわかっているから、

話が飲み込みやすかった。


2回目の時もスペイン人のおじいちゃん、おトイレに行ったんだけど、

微妙に話が違うところだったのでので、なんとかストーリーはつながったわ。


誰が死んじゃったのかも、どうやって死んじゃったのかも、

そのニュースを誰が教えてくれたのかも、

わっかりました!


シャネル・ココ…


私もあんなパトロンがほしいわ〜♪

で、パトロンのほかにあんな素敵な恋人がほしいわ〜♪

久々に現実からぶっ飛んでしまって、夢心地になったシャネル・ココの映画でした。

飛行機の中だったから、文字通り、ぶっ飛んでいたんですがね…


もう一度20代をやり直せるなら、シャネル・ココになりたいかも!

パトロンを顎で使ってお金出させて、自分のお店を出して、

自分の夢を実現させていくの〜!


あたし、違った見方してた?




posted by やおこ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月11日

ハリーポッターと謎のプリンス

遅ればせながら、先週の金曜日、見てきました。

めがね忘れちゃって…

でも、ハリーの映画のおもしろさは充分に堪能しました。


もう本を読んでいたので、今回はダンブルドアが!!

っていうことはわかっていたのだけれど、

そこに行くまで、「こんな話だったっけ〜!」

と、早い話の展開にドキドキしちゃった…。


今回の必見は、ドラコ・マルフォイの成長!

子どものころの面影が残っているとはいえ、

すごい大人っ!

腰抜けのかけらは最後の方でちょこっと見られたけど、

終始、憂いを含んだやさ男的な感じでした。(いや、褒めてるんだけどね)


あとはロンの体つき。

なんかマッチョ。

あれはやっぱりクィデッチのための体作りかな…

合わない…

ムキムキのロンなんて…


あとはやっぱりハリーだね。

ハリーは嬉しくなるくらい普通に成長していたので、

こちらの期待を裏切らなかったわ。

身長が伸びていないのは知っていたけど、まぁ、いいよね。

もう少し伸びていてくれると理想だけど。


ラスト、エンドロールの最後まで見ると、次回の映画の案内が見られるので、

これはよかったね。

posted by やおこ at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

モンスターVSエイリアン

いや、本当にこんなこと書いてる場合じゃないんだけど、

忘れちゃわないうちに…

先週の金曜日の試写会。

「モンスターVSエイリアン」

チビとチビチビも一緒に、ついでにチビのお友達も一緒に見てきました。


ん〜。


お子ちゃま映画なので、子供たちは楽しんで見ていました。

でも、親は、ねぇ〜。


主人公の女の子が、エイリアンの大切な物体にぶつかってしまって、

でっかくなってしまうんだけど…

で、取り押さえられて、モンスター収容所に入れられてしまうんだけど…

大切な物体を取り返しに来たエイリアンと、その収容所にいたモンスターたちが

闘うっていうストーリー。


モンスターの中のボブっていうやつが、なんかゼリーみたいで

夏には涼しげで、サイダー味みたいで、スライムみたい。

声優をバナナマンの日村がやっているので、どうしても日村の顔が出てきて、

日村が、モンスターに思えてきてしまったね。


あとはエイリアンのボス。

蜘蛛とイカを足して2で割ったようなスタイルなんだけど、

なぜかナイナイの岡村に似ているから、こっちもやっぱり岡村はエイリアンに、

思えてきてしまったよ。


で、エイリアンのロボットが、コマーシャルでやってるトレハロースみたいで、

これはパクリ!?

だいたい、オバQ見たいな形に、目玉が一つだったら、みんな同じ様になるんだよね。

パクリではないだろうけど…


元々、トイ・ストーリーとか、モンスターズ・インクとかの絵の質感が、

あんまり好きではないから、「わあ!」っていう気持ちになれなかったのかもしれないけど…

やっぱりアニメは、日本のアニメだな。

ポニョのDVD、見たくなったぞ!

さすが、宮崎映画だね。

日本のアニメはすばらしい!と思った金曜日の夜でした。




posted by やおこ at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

ルーキーズ〜卒業〜

昨日はチビのお誕生日。

10歳になりました〜。パチパチパチ〜!

あと10年で20歳。早いね〜。

産んだときのことは、昨日のことのように覚えているのに、もう10年。


昨日は柔道の昇級審査もあって、チビもチビチビも無事昇級ってことみたいです。

先生方、どうもありがとうございました。



で、その後、ルーキーズ見よう!と言う話になり、

急いで、隣の駅にあるワーナーマイカルシネマズへ。

着いたら、見たかった回は始まってしまっていたので、

次の回の座席を予約して、いざ、お昼ご飯を食べにマックへと急ぎ…。

マックでは混み混みで、なかなか座れず…、やっと座ったのが、

丸いカウンター席二つでした。

ま、文句を言わずに食べようじゃないか!ってことで、

マックのクーポンで、ビッグマック+ナゲット+ドリンク+Sポテトで、490円!

をチビも頼むので、二人してそれを食べたけど…いや〜、

ビッグマックはやっぱりかなりのボリュームだよね。

チビも私もポテトはさすがに食べられなかった…。Sサイズなのに…。

チビチビは、最近よく食べるようになって、

ハッピーセットのチーズバーガーセット。

前は、ハンバーガー食べないで、ポテトと飲み物でお腹いっぱいになってたもんね…。

大きくなった…。感慨。



さてさて、腹ごしらえも無事済んで、いよいよルーキーズ!

混み混みだったから、前から3列目。

チビが「首が疲れる!」と訴えてきたけど、無視!

この間、一番前がいいって言ってたのは誰だよ〜。

彼女も10歳になって、いろいろ勉強してきたのね。


「♪さよ〜なら〜…」って始まったらどうしよう…って思ったけど、

二子玉川の夕焼けだった。


良かった。


この映画は、やっぱりテレビ見ていた人が最高に楽しめる映画だな、と思った。

映画だけじゃ、つながらない部分もあるんじゃないかな。

「たなごころ」とか。

まぁ、私の見所は、なんと言っても、健君の「岡田」。

だけど、あんまりセリフがないのよね。

元々だけど。

その分、一生懸命目で追ったりして、麗しかったわ。



ヒラッチのロン毛。(笑)

関川の恐竜の背中のトゲトゲ状態みたいな髪。(伸びてた)

御子柴のストイックな真面目さ。(一層?)

若菜のやっぱりアンラッキーさ加減。(しかも骨折、同じ所?)

新庄の今回はかなりいい役。(暴力的なのは無し)

あ、安仁屋のド主役。(彼の話ばっかり)

良かったよ。みんな。

泣いた〜。


今回、新しく入った、赤星君。

イケパラあたりで人気出てきた山本君だけど、

私にとって彼はどーしても

仮面ライダーカブトの「サソード」なんだな。

その後もいろいろやってるけど、どうしてもサソード。

一悶着起こしそうだったけど、今回は甲子園に行く!がメインだから、

あっという間に、みんなと野球がやれたね。良かった。



もう一つ。

決勝戦での相手チームのピッチャー川上君。

彼は、私にとって、どうしても仮面ライダーキバの「音也」なんだな。

でも、高校生球児らしく坊主になっていて、

野球をやっていたせいか、投げる姿もかなり様になっていて、

すごいピッチャーっていう役所がピッタリ合っていたよ。

武田航平君。セリフは本当に少なかったけど、存在感あったよ。

今回の収穫でした。

彼のブログは、たまに見ているけど、健君のとはちょっと違うんだよね。

何かな…

今度検証してみようっと。


と言うわけで、けっこう泣けて、楽しめたルーキーズでした。


甲子園での試合をやらなかったのも、良かったね。

勝っても負けても、あれでよかったんだからね。


あ、健君。川藤先生に言う最後のセリフ。

ライダーでも、ブラッディ・マンディでも、メイちゃんでも

聞いたことのない声のトーン。

低い大人の声でした。

これも、収穫。

ドンドン役者として成長していくね。


寂しくもあり、楽しみでもあり…。


本日の学校での話はまた後日と言うことで。

今夜はおやすみなさーい。


posted by やおこ at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

行きました!天使と悪魔

今日は、午前中の学生が出張でキャンセルだったので、

午後の学生に朝、授業をやってもらい、

ダッシュで新宿へ行き、ディスカウントチケットをゲットして…

と思ったら、水曜日はどこでもレディースデイで、千円だそうで、

とりあえず、ルーキーズの前売りだけをゲットして、

新宿ピカデリーへ。


平日にもかかわらず、いるいる、いっぱい人が映画を見にやってきていました。


新宿ピカデリーなんて、一体いつぶりでしょう?

昔の汚い映画館を想像していたら、

きれいな白いビルになっちゃって…

2丁目にあるバルトみたいな感じ。

最近はシネマコンプレックスじゃないと、

お客さんが集まらないのかな…

めちゃくちゃきれいな映画館でした。


お目当ての「天使と悪魔」は、11階にあるスクリーン。

いすもきれいで、座りやすくて見やすかった。


さて、内容は…。

原作と映画はやはり別物だね。

映画もよくできていて、おもしろかったし、

原作は、読みごたえ充分あるし。

ドキドキしながら楽しめました。


ヴァチカンの中に入って撮影はできなかったみたいだから、

どれがセットで、どれが本物なのか見分けもつかず(あたりまえか…)、

原作を知っていると、

え〜!そこを大胆カットしちゃう〜!?と面食らうところもあるけど、

良く考えられていて、つじつまが合っているから、

それなりに見応えは充分。


うれしかったのは、原作では4人の枢機卿がみんな助からないんだけど、

映画では、最後の枢機卿が市民の手によって、

助け出されるのは、救われたわ。


映画でもっと全面に出して欲しかったのは、

ユアン・マクレガー演じるカレルメンゴと亡くなった教皇との関係を

もう少し説明して欲しかったな。

あとは、ヴィットリアと教授がもっと親密になるエピソードを

入れて欲しかった〜。

ヴィットリアが殺し屋にさらわれちゃうとか、殺されそうになるとか、

教授がヘリコプターから、落ちてくるとか、

原作にはあるなにかが欲しかった。

原作は、このあと結婚しそうな燃え上がり方だったもんな〜。

ヴィットリア役の女優さん、きれいだったし…

あれじゃ、教授の片思いだよな。


もっとも、これ以上映画が長いと、見てもらえないのかな…

隣に座ってたおばちゃん、

コックリコックリ寝てたもんな〜。



映画が見られて、ホントうれしかったです。

明日行こうと思っていたけど、キャンセルした学生の補講を入れちゃったから、

今日にしたんだけど、うん、良かったよ。


やっぱり、巷で評判になっている映画は、

見応えがあるね。レッドクリフもそうだったし。


7月15日は、ハリーポッターだよ!

わ〜い。


あ、ルーキーズも見るんだった。
posted by やおこ at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月09日

東京タワー

今晩はテレビで見ました。

最初の方は晩ごはんの後片付けとかで、

ちゃんと見られなかったんだけど、

松たか子がでてきたあたりから目が離せなくなりました。

何がびっくりって、

オカン役の樹希樹林が亡くなった母にそっくりだった。

昔から、コマーシャルを見るたびに「似てるなぁ」と思っていたけど、

今日のは大変!

死にそうになってるところや、死に顔までそっくりだった…


絶句…


もう…思い出しちゃったよね。

リアルにオカンの死。


リリーフランキー役のオダギリジョーが孝行息子で

なんか嬉しかった。

こっちは自分が死ぬ時のこと考えたね。

こんな孝行息子は…


チビチビはやさしいから、そんなこともあり…かな。

いやいや、期待はしないでおこう。

あんなオカンのように、「しあわせだったよ〜、ありがとう」

って言って死ねたらいいな。


私も「オカンが死んだらあけてください」BOX作っておこうかな。
posted by やおこ at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

おくりびと

ついに、やっと、見てきました。

「おくりびと」。

去年6月に母が亡くなって、9月に公開だったから、

納棺士が身近だったっていうこともあって、

ずっとずっと見たかった。



泣くだろうな、って思っていたけど、

やっぱり泣いた〜!

よかったよね、さすがにアカデミー賞外国語部門を受賞しただけある!


映画のもとになった『納棺夫日記』も読んだし、

映画の小説版『おくりびと』も読んだ。

あとは映画を見るだけだったので、

どんな映像になってるのかすごく楽しみで、期待を裏切らないすばらしい映画だった。



母の湯灌をしてくれたのは、女の方だったけど

映画の清拭よりも丁寧に洗ってくれてたから、

(ていうか、湯灌してほしい、と注文したんだけど)

なんか、うれしかった。

遺族の方たちの気持ちもすごくわかるし、

やってくれる方の気持ちもわかって、

なんか、よかった。



本の方でも泣かされたけど、

同級生のお風呂屋さんのおばちゃんが亡くなったとき、

奥さんに初めて見てもらって、その真剣さ、仕事の大切さ…を分かってもらった時、

いつもお風呂屋で会うおじさんが、火葬場の点火役の人で、

大好きだったお風呂屋のおばさんの棺を燃やすのを、ためらってしまうとこ、

小さい時に家を出て行ったお父さんの納棺をするときに、

自分があげた石をお父さんが握って亡くなっていたことを知った大悟の気持ち…、



泣くところはいっぱい。



モッくんのガタイがけっこうがっしりしていたこと、なんかも必見ね!




今日は時間的なこともあって、東銀座の東劇で見たんだけど、

前の回も、まわりも、お年を召した方たちばっかりだったわ。

シネマコンプレックスじゃないところで見るのも、ひさしぶりだったし。

全席自由席、とか。

なんか新鮮でした。













posted by やおこ at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

名探偵コナン

今日は子供たちと一緒に、

ゴールデンウィーク最後ってことで、

コナンの映画を見てきました〜。


いつもながら、コナンのストーリーには、

ほれぼれさせられます。

あっちこっちのストーリーが、

最後にはちゃんとつながって、クリアになって、

ホッと安心させてもらえるのが、

なにより。

時々、「え?あの伏線は、どこに行っちゃったの?」

っていう物語も多いから、

本当によく考えられた漫画だよね。

なので、コナンは楽しめました!


星3つ〜!!


今回はかなりヤバいところまで、

コナンの正体がばれそうで、

見ていてヒヤヒヤもんでした。




黒の組織との最後の対決を

ちょっと想像してみたりして…

そんなことが実際に起こったら、

コナンも最終回になってしまうんだろうけど…


もう!さっさと黒の組織をぶっつっぶしてほしいんだけどさっ!


あちらさんには、かなりドキドキさせられてしまうので、

心臓に負担だわ。

私が死ぬ前までには、コナンの最終回が見られるかな…

見たいような、見たくないような…

posted by やおこ at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

レッドクリフpartU

行きました!

赤壁・レッドクリフ!

この間partTをテレビで見たから、

予告編でちょこっと見せてもらったけど、

面白かったので、partUが見たかったのよね。

今日は、午前中チビチビの授業参観があったので、

それが終わってから、自転車で隣の駅まで行って、

お昼からのを堪能したよ〜。


いや、面白かったね〜。

予告編でかなりの部分を見ちゃってたにもかかわらず、

充分楽しめました。

なんか、この時期は中国映画をよく見るね。

去年のもかなりの戦闘シーンだったけど、

今年のもすごかった〜!


でもさ、なんと言っても

金城武!

孔明がステキ♪

周ユがトニーレオンだったっていうのには、

またしても「そうなのか…このひとなのか…」

…なんだけど、どうもガレッジセールのゴリみたいで

なんかとっても親近感。



三國志…なんか読みたくなってきたぞ。



三國志はこのあとまだ続くんだよね。

赤壁−レッドクリフ−の戦いをクローズアップしたのよね。今回は。

また来年あたり続きが見られるかなぁ〜。










posted by やおこ at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

仮面ライダー さらば電王

電王の映画はこれで3本目。

良太郎はやっぱりよわっちくって、カワイイ奴だったよ。

でも、最後のテロップを見たら、

佐藤健(特別出演)

なんて書いてあって、どういう事!?

健君が主役じゃないの!?

ま、まさか未来から来た孫の幸太郎が主役!?


あたしゃ、てっきり健君の映画だと思っていたんだけど、

違ったのね〜!!


え?モモタロスが主役?


そーいや、やけにモモちゃん、目立っていたわね。

モモちゃん好きだよ。でもさ、健君ももっと出してくれなきゃ、

つまんないじゃーん!

さらば、なんて言うから、

本当にモモちゃんが死んじゃうかと思ったしぃ〜。


しかし、きっと本当にもう作らないんだろうな…

キバだって、もうあと半年もないし、

次の世代に取って変わっちゃうのかなぁ…

電王はちょっと別格だったよなぁ…


もうこうなったら、電王はずっと続けていこう!年1回の映画で。

寅さんみたいにさ。

なんか1回目の映画も過去のお侍さんの時代に飛んでいたから、

今の子ども(+ママ)対象にして、ずっとやっていけば、

水戸黄門みたいにチャンバラもあるし、

受けるんじゃないかしら。幅広い年代にも。


お願い!

電王を年1回の行事映画にしてください!絶対に見に行きます!
posted by やおこ at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月31日

DVD ブレイブストーリー

やっぱりブレイブストーリーが見たくて、

TSUTAYAに借りに行っちゃいました!

本当はポニョでも見ようかなと思ったんだけど、

どうせ見るなら、見たいものがいい!!と

ブレイブストーリー。

でも金曜日に散々探したときには見つからなかったのに、

今日はあっけなく見つかったわ。


チビ達はあんまり乗り気じゃなかったけど、

うちに帰って見始めたら、眠くもならずに

最後までちゃんと見ていた。


悲しかったのは、やっと上巻読み終わったのに、

そのあたりは映画ではばっさりカットされていたわ。

やっぱりね。話の展開はテンポよく、だから、

主人公達のキャラクターを細かく書き込んでいる原作とは、

かなり違うと思ってたけど…

この先の話も違うのかな…

話の筋はだいたい同じだとは思うんだけど…

でもやっぱり私は小説をじっくり読むぞ〜!!

まだだいぶ楽しめそうで、嬉しいわ。


今読んでるのは、これ↓

posted by やおこ at 22:17| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

ナルニア国物語 第2章

見てきましたよ〜。seesaa様、招待券ありがとうございました。

『ナルニア国物語第2章カスピアン王子の角笛』

第1章を見ていないから、面白くないかも…

って思っていたけど、なんのなんの。

イケメン好きなら、それだけでもう大丈夫。

なんたって、2年かけて探してきた王子だからね。

↑AERAの記事にも出ていたので、知ってたんだけど。


初めは、雑誌の写真やポスターくらいでしか見ていなかったから、

あんまり私好みではないな、と思っていたのよね。

何がプリンスだ、と。

でも、映画を見ていたら、やっぱりス・テ・キ♪

ひ弱な僕ちゃんから、たくましい青年になっていったわ。

成長過程を見ると、ステキさが7割り増しくらいで、

見えてくるのかな。


チビとチビチビも一緒に行ったので、

「この映画よかったね〜」と言うチビに

「何がよかった?」ときいたら、

「アスラン!あのライオンの毛ががふわふわしてて、気持ちよさそう♪

友達にほし〜い」だって。

私が「カスピアン王子もかっこよかったよね」と言ったら、

「そ〜お?あたしは人より動物のがいい」

とのことでした。


こどもの心はがっちりつかんだね、ライオン君。


前作からの主役達は、ちっともハンサムじゃないし美人でもないのに、

みんな頼もしくて、だんだんかっこよく見えてくるのは、

カスピアン王子とおんなじ。

これは第1章を見た方が関係がよくわかるのかな。


戦いのシーンは、「王妃の紋章」でも見たな〜、

なんてぼんやり思ったけど、

大どんでん返しは、「王妃…」にはあり得ないものだったから、

それだけでも声出して、笑った。スッキリ!

チビも大興奮!


パンフレットによると、第3章ももう制作決定しているようだから、

続けて見に行きたいよね。

なんたって、カスピアン王子がまたしても出てくるようなので…



やっぱりハリーポッターと同じように、

原作読んで、それで映画を見る、ていうのもいいかもしれないね。

二度おいしい。





posted by やおこ at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。